1. HOME
  2. ブログ
  3. 花を弄すれば香り衣に満つ

花を弄すれば香り衣に満つ

花を弄すれば香り衣に満つ 「弄花香満衣」
これは、唐の時代の詩人、干良史(うりょうし)の「春山夜月」という詩に基づいた禅語です。
八雲庵のお庭の梅も、咲き始めました、梅の花の香りをお楽しみください。

関連記事